ホメオパシーとは、200年以上も前にドイツ人医師サミュエル・ハーネマンが提唱した”同種療法”。同種療法とは、”健康な人にある症状を起こさせるものは、その症状の起きている人からは症状を取り去る”というもの。
なんだか分かりにくいかもしれませんが、これって意外と身近に使われています。例えば「熱が出た時の卵酒」「熱が出た時にふとんをかぶる」。これ、どちらも同種療法なんです。一時的に体はさらに熱くなりますがその後すーっと下がっていきますね。これと同じようなことを、ホメオパシーでは”レメディー”と呼ばれる砂糖玉を使って行います。

じゃあ、レメディーって何でしょう。
レメディーはいろいろな物から作られていますが、多いものは植物、動物、鉱物などです。これらを原材料としてアルコールによって希釈し、叩いて振とうという作業を原物質が無くなるまで繰り返していきます。その液体を小さな小さな砂糖玉に垂らした物がレメディーです。希釈することで物質的な作用は無くなっていきますが、振とうという作業により、その物質のもつパターンはより際立っていきます。...不思議ですね。
レメディーのパターン(性格)は実にさまざまです。”ヒリヒリする” ”ズキズキする” ”緊張するとお腹が痛くなる”...などなど。出ている症状により近いパターンをもつレメディーを探し、摂ることで症状は消えていきます。レメディーの数は現在3500種類以上と言われていますから、その症状に合うレメディーがきっと見つかると思いますよ。 


× 閉じる

オンラインショップ